<< 27歳の夏休み その2 | main | 金属をめぐる冒険 >>
2013.09.25 Wednesday

近江家具商人街へ行く

8月末〜9月頭にかけて作っていた家具を納めに江戸へやってきました。
10ヶ月ぶりくらいの江戸です。

今回作った家具は六本木ヒルズの53階森美術館にて10周年を記念して催されている
六本木クロッシング2013 [アウト•オブ•ダウト]展にあわせて制作しました。
未来美術家の遠藤一郎さんの展示室とミュージアムショップ用の家具やら小物やら…
まぁいろいろ作りました。




 ↑ミュージアムショップの家具
他のは展覧会へお越しの方はついでに見てやって下さい。

学生の頃は美術館に住み着いて作家さんの手伝いやらギャラリーの展示空間
の小物等をよく作ったりしていたんですが、
久しぶりにこーゆー物を作ったのでとにかく楽しみながら作ることができました。
専門家の方には何言ってんだ!…と言われるかもしれませんが
僕にとっては作家は作品を通して物事に対する新しい見方やおもろさっていうものを
教えてくれる職業で、そんな職能を持った人達が集まって出来上がっている
現代美術の作品を鑑賞するということは映画をみたりマンガを読んだりすることに近く、
おもしろ楽しいものだと思っています。
レセプションに集まったいろんな作家さん…天下統一を志す戦国武将やひょっとこの
お面をかぶった服屋さんもいましたが(笑)
大勢の人が関わってものを作ってそれを見せ合って、祭りのようなにぎやかな雰囲気で
作品を体験出来る楽しい時間を過ごす事ができました。 満足満足!!

と、そんな楽しい事をしつつ僕はわりと欲張りなのでちょいと寄り道をして
江戸を堪能してきました。まぁいつものことですが(笑)

上野の銭湯 燕湯さん 朝風呂が入れます!(うれしー!)
(…僕はし○かちゃん並に風呂が好きです)


現存する建築で、東京では一番好きな建築かもしれないです。
東京カテドラル関口教会 聖マリア大聖堂
 
建築家 丹下健三さんによる設計。1964年に完成。

なだらかに湾曲する壁面!美しい!

ありました!!ミニマルなチャーチチェア。なんかステキです。


おでんな方と遭遇しました。とにかくカワイイ!


田口ランディさんの小説にもなっているどぜう。


いつも帰りに寄ってく三軒茶屋の板蕎麦 山灯香さん 
そばはもちろんおいしいのですが、鴨肉も絶品です!

と、まあ物を作り、おいしいものを食べ、ステキな物を見て帰ってきました。
退屈しないおもしろい街だなぁと、つくづく思います。
けど住むのは近江の方が快適かな…。

おまけ↓
映画で楽しむ東京

.蹈好肇ぅ鵐肇薀鵐好肇譟璽轡腑鵝
ソフィアコッポラ監督の傑作です。ウソではあっても、
この作品以上にキレイなトウキョウを僕は観た事がありません!

Tokyo! 
ミシェルゴンドリー レオスカラックス ポンジュノ 
世界の巨匠監督が撮ったショ−トムービー3作品。
だけどB級感があってたまらないです(笑)

E豕画 
ドイツのヴィムヴェンダース監督作。小津安二郎監督の東京物語に対する
オマージュ的ドキュメンタリー。外国人からみた東京の日常を淡々と撮っているところが
おもしろい。パチンコ屋さんでカメラを持つドイツ人を想像するだけでも十分楽しめる
と思います(笑)

づ豕ゴッドファーザーズ 
今敏監督による長編アニメーション 。クリスマスの夜、新宿で暮らすホームレス達が
ゴミ山の中で赤ちゃんを発見するところから物語がはじまります。
今監督はサスペンス作品が多い印象のある監督なんですが、
この作品は家族をテーマに作られた人間味ある物語になってます。

まだまだあるんですが腕が疲れてきたのでこのへんにしておきます!