<< とっさ日記 その2 | main | ミラクルな日々 >>
2015.03.17 Tuesday

海の幸クロニクル


いつ観ても美しい!
もう、何度目かわかりませんがまたまたやってきました。金沢21世紀美術館です。
SANAAによる設計で直径が112.5mある一周が総ガラス張りの真ん丸な美術館です。
視界の抜け方やディテールの緻密さにはいつも感動させられます!
(トイレのタイルの割り付けまでしっかり考えられています!)もーここまでいったら狂っています!笑

完成当初、大学の2回生だった僕は、関西を拠点に活躍する現代美術作家の滞在制作の手伝いで3週間程
住み着いていたことがあり、いつ訪れても懐かしいなぁ〜!としみじみとしてしまいます。
あれからもう10年経ったのか、、、泣

さて、今回はもう終わってしまったのですが、開館10周年記念特別展 JAPAN ARCHITECTS 1945-2010という
フランスのポンピドゥセンターパリ国立近代美術館副館長のフレデリック・ミゲルーという
建築オタクの方がキュレーションしています。
日本の戦後建築史を6つのセクションに分け、
黒→ダークグレー→ライトグレー→カラー→ノンカラー→白というやや無理矢理感はありますが(笑)、
ユニークな視点で展示を構成していました。

最初の黒の展示室、鈴木了二さんによるインスタレーションから始まり白井晟一さんや吉坂隆正さんといった偉人から
現代活躍している日本の建築家(永山祐子さんや石上純也さん)までの図面などを年代をおって観て行ける
マニアックですがとても見応えのある展示でした。満足×2!


行けなかった方は本が出ているのでぜひ!

イタリアのグレープフルーツのトニックウォーター。美味し!

海の生き物達!美味し!美味し!

おまけ
ほりの深い友人と京都国際現代芸術祭2015 PARASOPHIAへ参ってきました。

京都市内のいろんなところで5月10日までやっています!