2013.10.22 Tuesday

金属をめぐる冒険

キリスト教徒にはローマやエルサレム、サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼があり、
西日本には西国三十三ヵ所巡りやお遍路があり、
おたく文化にはアニメなどのロケ地をまわる聖地巡礼があります。

僕は以前から機会があれば物作りの聖地を巡礼するという趣旨でよく旅に出ます。
まぁ聖地巡礼って言うよりは産地巡礼って方が正しい気がするんですが…。

と、ゆーことでとうとうやってきました!
あこがれの街、新潟県燕、三条市です。
言わずと知れた金属加工の聖地ですが、江戸時代には和釘作りが盛んで
明治、大正くらいから洋食器が作られ、現在では国産の洋食器の9割くらいは
この場所で作られているらしいです。
初期のアップル社製i podの裏側のステンレス鏡面のパーツの研磨を
受注していたことでも有名です。そんな街で(工場の祭典)なるイベントがあると
金属加工な友人から迷惑な時間に一報が入ったので
往復で1000キロのためらいを打ち消して行く事にしました。


1日目。寄り道をしていると着く頃には夕方になってしまったので
アウトドアメーカーのsnow peakの工場を見学して敷地内のキャンプ場で宿泊。


snowpeakの看板。コールテン鋼でしょうか?
レーザーで切り抜いて地面に突き刺しただけのシンプルな作り。
この作りなのでロゴ(マークがステンシル書体風になっています。)
ロゴを少し変えてでもこの作りにこだわったメーカーの器の大きさに感服します!



板金加工の折曲げ機とちりとり。手作り感があっていい味だしてます。
社長さんがとても親切にいろいろ教えてくれました。


鉋(かんな)台工場。刃物も有名です。


ラッキーウッド製1960年代の製品。アールの口部分が一体になっていてステキ。


青空市。さっきまで曇っていたのに!


チタン製マグカップ。軽っ!?


カトラリー工場。僕にとっては夢と魔法の王国です!

今回燕、三条へ訪れたことで、この街で作られたいろんな物が僕の生活の中で
活躍していることに気づかされました。
使いやすくて湯を落とす時の感覚が心地よいコーヒーポットや
学生の頃アルバイト先でケチな(笑)店長にもらった(バイト代の代わり)
ステキなウォーターピッチャー、
家具を作る時に使う精度が高くて丈夫な定規や工具、
オーダーメイドのキッチンに使うステンレスのシンク等々…。
見渡せばきりがないくらいありました。すごい!
どれもこれも質の高い物ばかりでほとんど産地を意識しないで使っていたもの
なのですが、恐るべき燕、三条…。
日本にこの街があることを誇らしく思います!
そしてこの場をもって一言、
いつもステキな道具を作ってくれてありがとう!
そしてあわよくば更によいものを作って下さい!!






2013.09.25 Wednesday

近江家具商人街へ行く

8月末〜9月頭にかけて作っていた家具を納めに江戸へやってきました。
10ヶ月ぶりくらいの江戸です。

今回作った家具は六本木ヒルズの53階森美術館にて10周年を記念して催されている
六本木クロッシング2013 [アウト•オブ•ダウト]展にあわせて制作しました。
未来美術家の遠藤一郎さんの展示室とミュージアムショップ用の家具やら小物やら…
まぁいろいろ作りました。




 ↑ミュージアムショップの家具
他のは展覧会へお越しの方はついでに見てやって下さい。

学生の頃は美術館に住み着いて作家さんの手伝いやらギャラリーの展示空間
の小物等をよく作ったりしていたんですが、
久しぶりにこーゆー物を作ったのでとにかく楽しみながら作ることができました。
専門家の方には何言ってんだ!…と言われるかもしれませんが
僕にとっては作家は作品を通して物事に対する新しい見方やおもろさっていうものを
教えてくれる職業で、そんな職能を持った人達が集まって出来上がっている
現代美術の作品を鑑賞するということは映画をみたりマンガを読んだりすることに近く、
おもしろ楽しいものだと思っています。
レセプションに集まったいろんな作家さん…天下統一を志す戦国武将やひょっとこの
お面をかぶった服屋さんもいましたが(笑)
大勢の人が関わってものを作ってそれを見せ合って、祭りのようなにぎやかな雰囲気で
作品を体験出来る楽しい時間を過ごす事ができました。 満足満足!!

と、そんな楽しい事をしつつ僕はわりと欲張りなのでちょいと寄り道をして
江戸を堪能してきました。まぁいつものことですが(笑)

上野の銭湯 燕湯さん 朝風呂が入れます!(うれしー!)
(…僕はし○かちゃん並に風呂が好きです)


現存する建築で、東京では一番好きな建築かもしれないです。
東京カテドラル関口教会 聖マリア大聖堂
 
建築家 丹下健三さんによる設計。1964年に完成。

なだらかに湾曲する壁面!美しい!

ありました!!ミニマルなチャーチチェア。なんかステキです。


おでんな方と遭遇しました。とにかくカワイイ!


田口ランディさんの小説にもなっているどぜう。


いつも帰りに寄ってく三軒茶屋の板蕎麦 山灯香さん 
そばはもちろんおいしいのですが、鴨肉も絶品です!

と、まあ物を作り、おいしいものを食べ、ステキな物を見て帰ってきました。
退屈しないおもしろい街だなぁと、つくづく思います。
けど住むのは近江の方が快適かな…。

おまけ↓
映画で楽しむ東京

.蹈好肇ぅ鵐肇薀鵐好肇譟璽轡腑鵝
ソフィアコッポラ監督の傑作です。ウソではあっても、
この作品以上にキレイなトウキョウを僕は観た事がありません!

Tokyo! 
ミシェルゴンドリー レオスカラックス ポンジュノ 
世界の巨匠監督が撮ったショ−トムービー3作品。
だけどB級感があってたまらないです(笑)

E豕画 
ドイツのヴィムヴェンダース監督作。小津安二郎監督の東京物語に対する
オマージュ的ドキュメンタリー。外国人からみた東京の日常を淡々と撮っているところが
おもしろい。パチンコ屋さんでカメラを持つドイツ人を想像するだけでも十分楽しめる
と思います(笑)

づ豕ゴッドファーザーズ 
今敏監督による長編アニメーション 。クリスマスの夜、新宿で暮らすホームレス達が
ゴミ山の中で赤ちゃんを発見するところから物語がはじまります。
今監督はサスペンス作品が多い印象のある監督なんですが、
この作品は家族をテーマに作られた人間味ある物語になってます。

まだまだあるんですが腕が疲れてきたのでこのへんにしておきます!

2013.09.07 Saturday

27歳の夏休み その2

8月のよき日。友人と西田幾多郎さん生誕の地にて待ち合わせ。
能登半島の先っぽへ…

8時半の待ち合わせなのに7時に着いてしまったので
そのへんをうろうろ徘徊して待つ事に。

作りのいいステキな家型のゴミ箱。(建築家)坂本一成さんの建築のようです。
って言うと色々な人に怒られそうなのでこれは冗談です(笑)

友人と合流し輪島へ漆器を見に行きました。

吉田漆器工房さんの箸。ごわごわっとした塗りの質感と
錫の銀色の部分がくすんでいて手触りもよく、
この箸を使った生活がしてみたい!ってことで購入(笑)

海辺で飛騨牛を堪能した後、
本日の目的地能登半島の先っぽにある二三味珈琲さんへ。

舟小屋を焙煎所にしていて中はこんな感じ

外はこんな感じ!?

お隣の海の家にて飲めます。

(夏だけかな…)まーおいしいです。ブレンドしか無かったのでマイルドな味わい。

和倉温泉で熱すぎて2秒で出たくなるような温泉に入って疲れを癒して…(?)
から帰路につきました。
日帰り、700kmくらい走行のいつもながらのテキトーな旅でしたがやはり旅はいい!

八月後半に突入。引き続き夏休みを自己演出中。
(夏バテでちょっとおかしくなったわけではありません…たぶん(笑))


京都の金物屋さんに行った時に近所の惣菜屋さんのおいしそうなソーメンを眺めていると
中からおばちゃんが出てきて…ソーメンと貝柱を食べる事に。
すると店主らしきおばあちゃんが「あんた大きいからもっとたべるやろ?」といって
大量にくれました…。(この写真はその一部…とてもおいしかったのです)
京都の人大好き!(笑)


今作っているもの。詳細はまたそのうち!


有孔体の理論で有名な(ウソです。)
京都駅の設計で有名な(建築家)原広司さん設計の梅田スカイビルの下で
ビールな友人とオクトーバーフェストへ(ドイツのビールフェスティバル)

みんな手をつないで踊ちゃってます。


ターミネーターになった犬の名前のようなビール 
アルコブロイ コロネーター うまし!


言ってみたいものです。「KING OF FURNITURE IS HERE !」

ぐでんぐでんに酔っぱらって右が左で左が右に!?
(THE BEATLSのI AM THE WALRUS ほどはおかしくなってません(笑)
我が故郷、近江の國が何処にあるのかわからなくなったので翌日帰国することに…。
トホホです。


心斎橋駅の投げやりでイサギのよいデザインの照明。


ビールでスィーツな友人推奨のPatisserie Ravi,e relierさん
でおいしいすぃーつを食べてから無事近江國へ帰国。

そうこうしている内に9月に。(エンドレスエイトになることなく)無事に8月を乗り切ることに成功したのでした。
今となれば昔、ってかんじの夏休みですが、夏休みがあった時代に何をしていたかというと何日かは今と同じような休日を過ごし、それ以外は何か作っていたりゴロゴロしていたわけで、結局のところたいして変わって無いようにも思えます。
8月を夏休みだと思っていたか、いなかったかの違いだけな気がしてきました。
(夏バテでとうとうおかしくなったんですかね(笑)
と、ゆーわけで涼しい9月である事を切に願います!

27歳の夏休み その2 おわり。




2013.08.17 Saturday

27歳の夏休み その1

 齢27の日本人にとって夏休みという言葉の響きはとてもキラキラしているので
休日をつなぎ合わせて偽夏休みを作ってみました。
こーすると無かった夏休みがあったように思えてきますね(笑)

福井県。若狭湾に面した砂浜にて甲殻類を捕獲。
おいしくいただきました。
うそです。
(※誇り高き滋賀県民としてキャッチアンドリリースの精神を持っているので
この子蟹は食べてません(笑)


フーリエ(熱力学の偉人)Tシャツ!
友人に似ているからってだけで作りました。
いろんな色のフーリエTシャツを着た7人くらいの集団が
滋賀県内某所にてBBQを楽しんでいるところを目撃しました(笑)


三重県桑名市にて石取祭!日本で一番やかましいんじゃないかと思っている祭りです。
ちなみに太鼓を叩いているのは親戚のTちゃんだったりします。
Tちゃんはぼくのいっこ上で若いのに前髪が後退ぎみですがほんとにいい人です(笑)

帰り道。うさちゃんとコアラくんが流木の上で遊んでいました…
たぶんこのマシーンの設計者は天才です。


オーダーメイドでキッチンの作業台と机を作らせて頂いたお客さんからいろんなビールを頂きました!
とても気が合うお客さんで打ち合わせ中もほとんど仕事と関係のない話ばっかりしてましたけど…(笑)
おいしく頂いています。Mさんありがとうございます!


名物店主のいる守山のコーヒーショップマウンテンさんのアイスコーヒー!夏の友です。

ヴィンテージフックを入手。並べるとネッシーファミリー。

下鴨納涼古本まつり2013

3年ぶりくらいにやってきました。

鴨川デルタ。若かりし頃はここでビールを飲んだりしてました。
映画「パッチギ」の撮影ですみに追いやられたこともあります(笑)

学生の頃、彫刻家 新宮 晋さんのドローイング集のような本を買いそびれて
(財布がからっぽ…)後悔した経験があるので
今回は万全の準備をして臨みました(笑)

もちろんいつも家具的なものを探しています(笑)


ありました!?持ち運び、組み立て、見やすさを考えて作られた仮設の本棚!?
しびれます!!

本日の成果です。時間が1時間しか無かったので半分くらいしかまわれなかったです…(泣)

27歳の夏休み その2へつづく
2013.07.25 Thursday

※ムッシュ•ムニエルは食べ物ではありません。

 草津で用事があったので毎度の事ながらの寄り道を決行するために少し早く家を出ました。
行き先は滋賀県立近代美術館。



今回はイラストレーターで絵本作家、漫画家の佐々木マキさんの企画展
「佐々木マキ見本帳」がお目当てです。

佐々木マキさんの作品はカワイくてシュールでかつ少し毒の効いた感じがとても魅力的です。
村上春樹さんの小説に描かれている挿絵などの印象を持っている方が多いと思いますが、
僕は特に1970年代に描かれた絵本作品が好きです。
一匹の孤独なオオカミが(おれに にたこ)を探し歩いてひとつの答に辿り着く
「やっぱりおおかみ」
(ぼく)が作った飛行機に乗って飛んで行く(だけのシンプルなストーリー)「ぼくがとぶ」
やぎ(まじゅつし)のムッシュ•ムニエル(笑)が弟子を探しに街へやってきて
失敗することで自分の未熟さに気付く「ムッシュ•ムニエルをごしょうかいします」
等、自身を投影したキャラクター(かな)?やおかしな面々がしでかしてしまったり(笑)、
ストーリーもシニカルな含みや作家としてのスタンスでしょうか?が潜んでいたりしてとても楽しめます。
作者自身も語っているように、大人も子供も楽しめる作品になっている
と思うのでお子さんに読み聴かせてあげるのもよいかもです。

結構な量の作品を2周廻って見終えた後、ここの美術館ではもう一つすることがあります。

まーもちろん家具鑑賞なのですが(笑)文化的な建築に置かれている家具はとてもステキなものが多いようです。
なんとここにはデンマークの家具デザイナー(ポール•ケアホルム)によるイージーチェア
「PK-20」(1967年Fritz Hansen社)が大量に置かれています。

(近代美術館に置かれているものは1984年デンマーク製です。)

スチールの片側だけで座る人を支える構造(カンチレヴァーといいます)に革を張って
作られた椅子で、そのバネの弾力がクッション性を生み出しています。
この椅子が発表されるずっと以前から(1920年代)こういった構造の椅子はあったの
ですが、僕はこのタイプの椅子では「PK-20」が一番好きです。
映画館の椅子が全てこの椅子になればよいのに…とつくづく思います。
まーそれは叶わぬ夢なのですがミュージアムショップで佐々木マキさんの絵本を買って
PK-20に座って読むという至福の時間を体験出来る稀有な美術館が身近にあることを
少しうれしく思ってしまったりするのでした。


2013.07.09 Tuesday

蒸し暑くて眠れない夜に

この時期の工場は熱くて仕舞う頃にはもーへろへろです。
とりあえずビールでも飲んでから…


グーデンカルロス•クラシック(フルーティな甘みや酸味としっかりとした
飲みごたえが混ざってバランスをとっている不思議な味)おいしー!
を飲みながらまー丁度時期なので最近読んだ本とかと絡めて紹介します。

「時間ループ物語論 〜成長しない時代を生きる」浅羽通明著
いきなりコユイですよねぇ。けど講義をまとめた本なのでわかりやすくかつ
おもしろく書かれています。
2010年〜2011年に早稲田大学教育学部国文科において「日本現代文化論」
なるタイトルで行った講義の一部らしいです。
中身はいわゆるループ系と言われるジャンルの物語を分類、分析しつつ、
(我々が人生や世の中と立ち向かうにあたって、問題を明晰にし、論点を
具体的な形で現前させてくれるツールとして、「物語」は知られている以上の
力を蔵しているのではないかという関心 〜あとがきより抜粋)
によって書かれた本らしいです。
世界中の大昔の神話から小説、映画、アニメ、うらしまたろう!?
までいろんな物語を持ち出して論じています。

まーとてもおもしろかったのですが、僕がここでこの本を持ち出したのは
中で引用されていた作品でこのむし暑い時期にぴったりなお勧めしたい
作品があったからです。

1つ目は「うる星やつら 劇場版2 ビューティフルドリーマー」押井守監督
作の1984年…僕が生まれる前!?に作られた劇場版アニメです。
観た事の無い方ののためにざっくりいうと、文化祭前日の大盛り上がりの
一日が何日も続いて文化祭当日がやってこない!?
個性的なキャラクター達がぼんやりと、やがて確信するのですが、抜け出そうと
思っても抜け出せない!!?…というところからはじまります。
演出もすばらしい!!僕の感想を一言で言うと(楽しい悪夢)ですかね。
かなり好きな作品なのでDVDを買って何回も(ループして)みています。
それだけおもしろい!!ってことです。
たぶん駅前のツタ屋さんとかにレンタルもあるかと思うので!

2つ目は「宵山万華鏡」森見登美彦著の小説です。
4年前くらいに読んだ作品なのではっきり覚えてなかったのでパラパラッと
読み返してみたのですが…
…こわい(泣)
連作の短編集になっているのですが、その中の「宵山回廊」「宵山迷宮」
というストーリーにとある事がきっかけでループする宵山に巻き込まれて
行く人達の奇怪な物語があります。
森見さんの作品は同じ京都を舞台にしていてもヘタレ大学生の笑えるヘンテコ
なストーリーが多いのですが、
とくにこの作品と「きつねのはなし」はホラー色も強く涼しげな気分を味わえます。

蒸し暑くて眠れない夜に是非読んでみて下さい。

読んでから今年も今度の日曜日から催される宵山(は16日)へ行かれる事をお勧めします。
そして無事に帰って来られることを祈ります…(笑)

2013.06.20 Thursday

ふたりのイームズ

京都で打ち合わせがあったのでちょっとはやめに工場をぬけだして
東寺のすぐ近くにある京都みなみ会館へ行ってきました。
空を分厚い雲が覆い、ザーザー降る雨に陰鬱な気分…。

なわけはなく(笑)以前から楽しみにしていたドキュメンタリー映画
「ふたりのイームズ 建築家チャールズと画家レイ」を鑑賞しにきたので
気分はうきうきです。

ただおしゃれなだけのつまらない映画だったら帰ってからおいしいベルギー
ビールでも飲んで気分を紛らわせようと、気分に保険をかけて臨んだのです
が、観終わってみると見応え十分で楽しめるとても満足のいく内容でした。

始まって早々いろんな人が、チャールズを持ち上げカリスマだの、ハンサム
だのいわゆるイエスマンのオンパレードだったのですが、
あとは、みんな悪口を言いたい放題(笑)

この作品はジェイソン•コーン監督自身が引っ越しの際インテリアの本をみ
ていてジャーナリストの性分でとことん調べていくうちにイームズの家具で
はなく映画に興味を持って作られたらしいので、家具を中心に置いた作品で
はなく建築家チャールズと画家レイの人物像や、ふたりの関係が作品にどー
いった形で反映されていったのかという部分と映像作品が20世紀後半のアメ
リカにどーいった影響を与えたのかと言う部分に軸を絞っている点がかえっ
て斬新でまた解りやすくもありました。

とくに1959年のモスクワで開催されたアメリカ博にて7スクリーンを使って
上映された「アメリカの1日」という作品のラストをチャールズが飛行機にし
ようと考えていたのに対してレイが提案した(スバラシイ!!)案があり、
チャールズもレイの案を採用し、上映まで持ち込んだところなどは、冷戦時
のプロパガンダ的要素を含むスクリーンでよく実現出来たものだととても感
銘を受けてしまいました。(やられちゃいました(笑)

満足した足取りで帰ろ…あっ!?
この後いつも以上にハイテンションで無駄話の多い打ち合わせになったこと
はいうまでもありません。

ついでにこれまで京都みなみ会館で観てきたドキュメンタリー映画のなかで
おすすめの2作品を紹介します。

→「 INVITATION from SPIKE JONZE」中の1作。絵本「かいじゅうたちのいるところ」
の作者モーリス・センダックのドキュメンタリー「みんなのしらないセンダック」

→「マイアーキテクト」建築家ルイス•カーンのドキュメンタリー

なぜこの2作品を紹介するかといいますと、どちらの作品もすばらしく、
両人の生涯や人物像を浮かび上がらせ、かつひねくれている人が出てくる
のでたまらなくおもしろいんです。
両方共DVDになっていますのでこちらもおすすめします。


2013.06.03 Monday

ホーチャクソウとじょうろ

 学生の頃からお世話になっている?(…なっています!)
庭師の先輩にホウチャク草という植物をいただきました。

…うん!地味ですね。
けれども派手な花が咲く植物よりも僕はこーゆー地味な感じの方が好きです。
ちなみに漢字では宝鐸草と書いて、花の咲き方が寺などの軒先の
四隅にぶら下がっているあれに似ているからこの名前になったそうです。

さっそく愛用のじょうろを使って水を差し上げたのですが、実はこのじょうろスゴいんです。

なんと底に穴があいていて口から出る水の量よりもこぼれ落ちる水の量の方が多いんです。

この前京都のアンティーク屋さんへ行くと同じようなじょうろが18,000円!?
で売られていました。
僕の使っているじょうろは家の畑にころがっていましたが…(笑)
話がそれましたが、とにかくまあ枯らさないように仲よくやっていこうと思います。
庭師のKさん ありがとうございます!

2013.05.28 Tuesday

魔王城へ

つい先日、オーダーメイドでご注文頂いたウォルナットとならのダイニングテーブルをおさめたあと、
京都の山奥へ向かって愛すべきポンコツ車を走らせました。
ガードレールも無い細くて薄暗い山道を魔界へ向かって進むと予定通り2時間遅れで例の場所に着きました…。
いつの間にか亜空間に迷い込んでいたのでしょうか…。
そびえ立つどっしりとした出立ちの建物を見上げ、ゴクリと唾を飲み込み車を降りると、草木が不気味に揺れ、
怪しげな空気があたりに立ちこめてきました。
…そして耳をすませばその建物のすいこまれるような暗闇の中から声が!?
冷や汗を流し僕はついに魔王城に足を踏み入れたのでした。

このへんにしておきます。
この日は先輩のお家…というか元は宿だったようでたいそう立派な城?
(魔王城!?)のお庭の完成を祝って植樹式へさそって頂いたのですが、
もう皆さん(20代〜60代のもの作りに関わっているへんてこな人たち)←(もちろん敬意をこめています(笑))
はごはんを食べ終わってのんびりモードに入っていました。
僕も途中参加でパクパク、ペラペラ、ゴロゴロしたり、住民(ネコ科の小動物)を追いかけたりして遊んでいると、
いつのまにか夜になっていたので皆で夜ごはんを作ることになりました。
台所から火が消えて数年、愛宕さんのお札が貼られたおくどさんで薪をくべてご飯を炊く
という行為は何とも言えないわくわく感が込み上げ、終始口のニヤけが止まらず、
このまま街を歩けば間違いなく職務質問を受けるだろうと妄想していると
おこげの香ばしい匂いが漂ってきました。

出来上がったカレーライスや焼きなす、サラダナドを並べて、心の底から頂きま…そういえばこの文章長いですね。
この先は想像におまかせします。

数時間後立ち去りがたい気持ちを抑え、異様にふくらんだおなかと
満たされた心を土産に魔王城をあとにするするのでした。

2013.05.02 Thursday

ベルギービールウィークエンド2013

 ビールな友人に誘われて愛すべきベルギービールをたしなみに名古屋へ行ってきました。

普段瓶でもあまり飲めないビールが樽から注がれる光景に涙をこらえつつ
口に注ぐと…生きていてよかった。と、最高に幸せなひとときがやってきました。
最初に迷わず選んだのはレフブロンドというビール。
いつも瓶で飲んでいるのですが、やはり生は美味い!
とても味わい深くてコクもくどくない程度にあるスバラしい(作品!)です。

3人で行ってきたので10種類以上のビールを飲み散々楽しんでから、
シメはステラアルトワで酔いを醒まし、
(あっさりしていてキレのあるピルスナータイプのビール)
ふわふわした心地で会場を後にしました。
6月には大阪でもするようなのでまた是非行こう!と今から楽しみでなりません。
皆様も是非に!